Human Life CORD JAPAN

お知らせ

5月23日「難病の日」にあたって

 毎年5月23日は、「難病の患者に対する医療等に関する法律」(難病法)(平成26年法律第50号)が成立したことを記念し、患者さんや家族の思いを多くの人に知ってもらう機会になってほしいとの思いから、日本難病・疾病団体協議会(JPA)により、「難病の日」として登録されました。難病は人口の一定の割合で発症すると言われており、決して特別なものではありません。あなたがそうであるかもしれないし、あなたのご家族やご親戚、あるいは友人や会社の同僚のなかにも難病で療養されている方や治療を続けながら働いておられる方がいるかもしれません。(出所:日本難病・疾病団体協議会 https://nanbyo.jp/anniversary/
 
 再生医療など新たな治療法が期待される一方で、難病に対する治療薬開発は、希少かつ難治性であるが故に課題が多く、開発が依然として進まず、期待と不安の日々を過ごす患者さんが数多く存在しています。私たちヒューマンライフコードは、臍帯由来間葉系細胞を1日でも早く製品化し、一人でも多くの患者さんの生きる希望へつながり、患者さんを含めて、誰もが安心して生きていける社会の構築を目指して参ります。
 
 当社代表取締役社長 兼 CEO 原田雅充は、「難病の日」にあたり、次のように述べています。
「当社は、従来の医薬品では救えない希少難治性の疾患に対し、HLC-001: 臍帯由来間葉系細胞の研究開発と製造に取り組んでおり、昨年2023年には再生医療等製品の製造販売業を取得いたしました。JPAのスローガンである“命の重みが軽視されることなく、難病患者さんを含めて誰もが安心して生きていける社会の構築”は、当社のビジョンである“誰もが歳を重ねるごとに楽しみとなる世界を創る”に重なります。当社は、今後ともJPAの活動に賛同し応援してまいります。」
 

▼5月23日は難病の日啓発ポスター2024年度最優秀賞作品「知ることで支える」A.I.さん作(日本難病・疾病団体協議会HPより)

お知らせ一覧へ戻るトップページへ戻る